FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に来た召集令状

自動車運転免許証の更新の時がやってきた。
先に届いたのは、高齢者講習を希望の自動車運転教習所で受講せよとの通知であった。
この受講終了証明書が無いと、免許の更新が出来ないと書いてある。
年金生活者にとっては大枚の5800円を払って受講する。
半世紀ぶりに体験する自動車運転コースは、興奮のあまりうまく走れない。基本的なミスを犯し指導員より指摘される。皆さん同じようである。
視力検査、運転適正検査を受けると、元気印を標榜しているが老化が完全に進んでいることが証明された。高齢者の自動車事故防止には身体の老化を知って、運転に反映させる必要性を認めるものの、なんとわびしい現実を見せ付けられた気がする。
その思想は「高齢者は、早く免許を返納すべし」との声が、ひねくれ親父には聞こえてくるのです。
でも、事故を起こしたら今まで生きてきた人生が台無しなってしまう。気をつけなきゃ。
みっちり三時間の長きにおよび、次の打ち合わせに駆けつけた。疲れのせいか資料の文書が読み取れない間が出来てしまった
それを察してか、どうか知らないが、熟女4人が「アラカン」より上の「アラセブン」の祝いを居酒屋でしてもらってすっかり元気を取り戻したのです。
<運転実技>
RIMG1511.jpg
<運転適性検査>
RIMG1513.jpg
<視野・静止視力・動体視力の検査>
RIMG1515.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

参考になりました、有難うございます。

hoshigarasu さん訪問ありがとうございます。
今回のブログには書かなかったけれど、このほかに、個別に指導員に呼ばれ高齢者の事故の6例をパネルで提示され討議すること30分もあります。
最後に、適性検査と実技運転の結果に基づく「ご家族へのお願い」の通知書が渡されます。

この次の更新時には、認知症のテストも加わる事になるでしょう。ますます、高齢者の居場所が狭くなるようです。
プロフィール

めんこいコロリン

Author:めんこいコロリン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。